2009年06月07日

オーブン

新しくオーブンを買いました。
そして初めてアマゾンでお買い物しました^0^



送料無料だし、すぐ届いたし、大満足です!


家の造りの都合上、電気オーブンを買おうと思っていました。

お菓子にもパンにも良いオーブンって・・?
と探して、

「コンベクションオーブン」が良いという結論にたどり着きました。
これは、オーブンの奥面にファンが付いていて、
熱風がオーブン全体を回るという構造のもの。

(パンを焼いて上と下にしか焼き色がつかないのは、熱風が回っていないから。)


コンべクションオーブンだと、お値段も高くなります。

でもお菓子作り&パン作りLOVERとしては外せないですね!


色々なメーカーから発売されていますが、
大きさと値段、機能が一番しっくりきたビストロのこの型を購入しました^0^


posted by marimo at 19:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

パン作り用の、ガス抜きめん棒

gasunuki1.jpg
パン生地を形成するとき、木のめん棒だとくっついてしまいますが、
こちらを使えばそういうこともないです*

詳しくはこちらをクリック☆
プラスチックですべすべなのと、凸凹のおかげで、
くっつきません^0^ 
なので打ち粉がいりません♪

しかも均一にガスが抜けてくれます。

パン作りには欠かせませんね♪
posted by marimo at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パンマットで楽々形成♪

今日からしばらく、パン作りの道具をご紹介しようと思っています。

まずは、使ってみて感動したパンマットから。





詳しくはクリック☆

捏ねるときではなく、1次発酵後に生地を取り出して丸めなおしたり、
ベンチタイムをとったり、形成する時に 下に敷いています。

発酵後の生地ってふわんふわんで、長くさわっているとべたついてくる、すごくデリケートな感じ。
捏ねている台の上で分割や形成をしてもいいんだけど、
どうしてもくっついてしまって、大変。。

もちろん、パン作りに欠かせないスケッパーで台からはがしとっていたけど、
生地をいためるし。。

ということで、買ってみたパンマット。
実に便利^0^!!

全然くっつかないんです*

そして嬉しかったのが、愛読している高橋雅子さんのレシピ本の中で登場する、
「台の上に生地を置いて、手で包み込み、手のひらの中でコロコロ転がす」という丸め作業がスムーズにできること^0^
普通の台の上じゃできません、、くっついてしまって。

ベンチタイムもパンマットでくるんでいるし*


と言うわけで、今や私のパン作りには欠かせない相棒になっているのです♪

posted by marimo at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

パンをさくっと焼く*銅板

最近、パン作りにはまっているのですが、
うちのオーブンは「オーブンレンジ」なので、火力が弱くて、
お店で売っているようなパンってなかなか焼けないんですよね。。

パンブロガーさんのパン日記を読んでいると、たびたび出てくる道具。
料理家さんもオススメのこれ、、!

銅板!!

気になっていたんです。
でも勇気が出ずにいたとき。

こちらの「Shop O・S」さんの「オーダーメイドのステンレス製平天板&銅板」のモニターに選んで頂きまして、平天板と銅板を頂きました。
ありがとうございます!
(本家marimo cafeの方でレポートしております)

IMG_5062 jt mini 2.jpg
銅色のが銅板で、その下の銀色のがステンレス製の天板です。
両方とも、うちのオーブンの天板の大きさに合わせて作って頂きました^^

銅は熱伝導率がいいので、家庭用の電気オーブンでもパンがパリッと焼けるんです。
下火を助ける役目・・とでも言いましょうか。
確かに外側ばりっと、なかはふんわり、メリハリのある美味しいパンが焼けました!

特にハード系のパンにはオススメとのこと。(高橋雅子さんの本に載っていました)

パン愛好家の方は、ぜひ!!^0^

posted by marimo at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

デジタルスケールで「グラム」を量る!

私はレシピの分量を、全て「グラム」で表記しています。
というのも、材料を量るときに、デジタルスケール(電子量り)を使っているからです。



これは、容器の重さを抜いた重量をはかれるので、
お皿を乗せて、ボタンを押して〜目盛りを「ゼロ」にしてから、
小麦粉やら砂糖やら、牛乳とか、油まで量ってしまいます。

牛乳などは本当は、計量スプーンでccで量った方が(厳密には)いいと思うのですが、
洗い物が増えるし・・・この方法です^0^

こちらのデジタルスケールは0.1グラムまで量れる、優れものです!
パンを作る方で、小数点以下のイーストを量る際など、重宝しますね。
最大量が3キロというのも、例えばジャムを煮るときに鍋を置いて目盛りを「ゼロ」にしてから、ぽんぽん果物を入れていって重さを量り、砂糖の量を割り出すとき等に重宝します!
詳しくはこちらをクリック*



  **

最近、液体もののグラムってどうやって量ってるのですか?
というご質問を頂きましたので、載せてみました^^

デジタルスケールは1つあるとずっと使えるので、いいと思いますよ♪

郵便物の重さを量るのにも使えます(爆)
posted by marimo at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。