2008年12月21日

製菓用 特細目グラニュー糖

砂糖は、キビ砂糖派だと、先日書いたばかりなのですが、


細目グラニュー糖を購入してみたところ、とても良かったので、紹介します^^

バターケーキなど焼き菓子には、キビ砂糖を使っていて、
メレンゲとかジャムとかにはグラニュー糖を使っています。
あと、焼き菓子でも素材の味をシンプルに出したいときはグラニュー糖!

で、ジャムなら溶かしちゃうからいいんですが、
粒子の大きいグラニュー糖って、バターとか卵となかなか混ざってくれないのですよね。。
だからミルサーで砕いたり、すり鉢で粉砕してから使っていたのですが、面倒・・(・ー・): でした。

そしてこの間、焼きメレンゲを「粉砕していないグラニュー糖」で作ったら、卵白にしっかりと溶けきっていなかったグラニュー糖が、焼いているときに溶けてきちゃって、飴みたいになっちゃったんです、、。

ゲゲゲ・・・

悔しくて、粉砕したグラニュー糖でリベンジしたら、綺麗に焼き上がりました(vv

ということがあり、砂糖の粒の大きさと、混ざりやすさについて考えさせられたのでした。

そこで、買ってみたのがこちら


うん^0^!
生地にも混ざりやすいし、溶けやすい。
自分にも生地にも負担がかからず、お菓子が作れます。

よかったらお試し下さいm^^m


・・・参考レシピ・・・
*焼きメレンゲ  (写真をクリックするとレシピに飛びます)
d0098954_2274477 mini.jpg
posted by marimo at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 砂糖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルスケールで「グラム」を量る!

私はレシピの分量を、全て「グラム」で表記しています。
というのも、材料を量るときに、デジタルスケール(電子量り)を使っているからです。



これは、容器の重さを抜いた重量をはかれるので、
お皿を乗せて、ボタンを押して〜目盛りを「ゼロ」にしてから、
小麦粉やら砂糖やら、牛乳とか、油まで量ってしまいます。

牛乳などは本当は、計量スプーンでccで量った方が(厳密には)いいと思うのですが、
洗い物が増えるし・・・この方法です^0^

こちらのデジタルスケールは0.1グラムまで量れる、優れものです!
パンを作る方で、小数点以下のイーストを量る際など、重宝しますね。
最大量が3キロというのも、例えばジャムを煮るときに鍋を置いて目盛りを「ゼロ」にしてから、ぽんぽん果物を入れていって重さを量り、砂糖の量を割り出すとき等に重宝します!
詳しくはこちらをクリック*



  **

最近、液体もののグラムってどうやって量ってるのですか?
というご質問を頂きましたので、載せてみました^^

デジタルスケールは1つあるとずっと使えるので、いいと思いますよ♪

郵便物の重さを量るのにも使えます(爆)
posted by marimo at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

ベーキングパウダー

スコーンやシフォン、マフィンを作るときに、ベーキングパウダーを使用しています。

膨らみを助けるために、少量使うという感じです^^

オススメはこちら。

↑詳しくはクリック♪

ラムフォード ベーキングパウダー(アルミフリー)はアルミニウムが入っていないので、
体にも優しいと思います。

気にならない人は気にならないと思いますが、どちらか選べるのなら少しでも安全な方を選ぼうかな、と。


ちなみに、バターケーキを作る時は、ベーキングパウダーは使いません。
素材の力だけで膨らましています^^v


※レシピ上では、ベーキングパウダーを略して「BP」と書くこともあります^0^

*参考レシピ*
写真をクリックするとレシピに飛びます。
IMG_4244 jt mini.jpg   IMG_4209 jt mini.jpg   IMG_0623 JT yuzu mini.jpg
posted by marimo at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 粉類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。